スムージタイプの置き換えダイエット

スムージー系ドリンクと酵素ドリンクどちらが効果があるのか?

また、短期的に痩せる方法として酵素ダイエットが流行りましたが、最近は酵素ではなくスムージー系が流行っているみたいですね。

 

ミランダ・タカー・クウィネス・バルトロー・ケイトアブトンなど海外のセレブも飲んでいるということで人気が出たようです。

 

酵素ダイエットと変わらず基本1食をこのスムージータイプのものに置き換えることで、1日のカロリー摂取量を大幅に抑えることが出来るんです。

 

スムージーはご存知の通り、栄養価も抜群ですよね。ですから、バランスなどに関しても安心が出来ます。

 

スムージーはカロリーが高いのでは?

 

スムージー系ドリンクと酵素ドリンクどちらが効果があるのか?

という事です。ダイエットを目的としたものですと、その部分に関しても配慮をされている商品が数多くあるのです。
お水で割るのは勿論ですが、豆乳などで割っても良いですし無脂肪のヨーグルトドリンクなどと合わせても美味しく摂取することが出来るでしょう。

 

味のバリエーションも様々あり、そうしたものを詰め合わせた形で販売しているものもありますので利用してみても良いでしょう。

 

置き換えもよし、数日間のプチ断食などにチャレンジしてみるもよし。

 

満腹感もありますからストレスもそんなに掛かることなくダイエットすることが出来ると思いますから、興味があるようでしたらチャレンジしてみても良いかと思いますよ。

 

酵素ドリンクと何が違うのか?

スムージー系ドリンクと酵素ドリンクどちらが効果があるのか?

酵素ドリンクとスムージでは何が違うのか「味・料金・おいしさ」の3つで比較してみました。

料金

カロリー
1杯当たり

酵素ドリンク 比較的まずい 4,104円~ 130kcal
スムージ 美味しい 2,458円 22.86kcal

酵素ドリンクの味は最近、比較的においしくなっていますが、スムージは味の種類が豊富で普通においしいと評判が良いです。また料金も酵素ドリンクより安くてコスパが良い。カロリーもスムージの方が高そうなイメージでしたが酵素ドリンクの方が高いんですね・・・

 

こう考えると酵素ドリンクよりスムージの方がよさそうですね。

 

イメージ的な話になりますが・・

 

・短期的なダイエットに効果がありそうなのは→酵素ドリンク
・長期的なダイエットに効果がありそうなのは→スムージ

 

というような形でしょうか・・・。

 

スムージーは自作よりも、効果が高くコスパが良い既製品で!

スムージーは野菜や果物をミキサーにかけたジュースですから、自宅でも作れます。しかし、栄養や調理などの知識に長けた熟練のダイエッターでなければおすすめできません。次のように、ダイエット効果とコスパの両方にデメリットがあるためです。

 

効果と味、カロリーのバランスが難しい

ダイエット効果を高めるためには、たくさんの材料を入れる必要があります。しかし、野菜や果物だけでは味が悪くなってしまいます。

 

そこで、美味しく飲むために砂糖やはちみつ、豆乳などを入れます。すると、今度はカロリーや糖質が増えて、ダイエット効果がなくなってしまいます。

 

このように、効果と味、カロリーのバランスが整ったスムージーを作るのはとても難しいことです。既製品のような3要素がしっかり揃った仕上がりは、初心者にはまずできません。

 

材料費が高くなる

近年、野菜や果物がとても高くなっていますね。よく「外食よりも自炊のほうが安い」という言葉がありますが、スムージーにおいては例外です。むしろ、自分で作ると1杯500円など割の合わないコスパになってしまうことも珍しくありません。

 

作るのが面倒くさい

手間は挫折の原因になります。材料を買って、凍らせるなどの下ごしらえをして、ミキサーに掛けるという手順はとても面倒くさいはずです。既製品は粉末を水に溶かして混ぜるだけ、とても簡単です。

 

保存が効かない

生野菜や果物のなかには、数日しか保たないものも多いですね。一見長く保ちそうなものでも、1度包丁を入れてしまうと一気に悪くなってしまうものもあります。特に、たくさんの材料を使う場合、材料を1回で丸々1つ使い切れることはあまりありません。

 

スムージーは基本的に粉末で売られています。賞味期限がとても長く、「飲もうと思ったらダメになっていた」ということがありません。

 

 

効果とコスパなどさまざまな面において、スムージーは既製品を買うにかぎります。特におすすめはネット通販。良質な製品が多いだけでなく、気軽に買えて、キャンペーンで安いことが多いためです。

 

「置き換えダイエットにチャレンジしてみたい」と思ったら、気軽に始めてみましょう。